【フラット35】の団体信用生命保険について

マメ情報

どうも【フラット35】受付担当の「B」です

今日のテーマは「保険」についてです
保険に対しては好みや考え方がわかれる分野ですよね
なんとなく言いなりで入っている人もいれば
保険って聞いただけで毛嫌いする方もいらっしゃると思います

「ぼったくりなんじゃないの?」みたいな

私も民間の保険にはあまり入らなくてもいいように
預貯金を増やし、なにかあった時には自分のお金で何とかするといった考え方を選んでいます

しかし、住宅ローンに関しては何千万といった大きなお金を借りる方が多いですよね
何千万も預貯金でカバーできる方はそんなに多くないと思います
そのため、稼ぎ頭のかたが住宅ローンを組んでいて、
もしその方が亡くなってしまったり、重度の身体障害になり働けなくなった場合には
残されたご家族は、精神的に厳しい中、仕事を探し、毎月の返済をしなければなりません

要するに、残されたご家族のために入るべき保険ということですね
自分のためではないですね
住宅ローン付帯するこの保険のことを「団体信用生命保険」といいます
前置きはこのくらいにして本題に入ります

スポンサーリンク

新機構団信

新機構団信は【フラット35】の一般的な団体信用生命保険のことを言います

保険内容

  • 死亡されたとき
  • 身体障害者福祉法に定める障害の級別が1級または2級に該当し、身体障害者手帳の交付を受けたとき

保険の契約者が亡くなった時か、身体障害者の手帳を受取り1級または2級という状態になってしまった場合に
保険会社より残りの債務が返済され、住宅ローンが終了するといった保険です

そのため残されたご家族は住宅ローンのことは考えずに生活を送ることができるというわけです
住宅ローンを完済した場合には、この保険も終了となります

保険料

  • 毎月の金利に上乗せ

住宅ローンを返済していれば、おのずと保険料を払っているということになります
別途で請求されることはありません

掲載している金融機関によって異なると思いますが
基本的には団信が組み込まれている金利が掲載されていると思います

私が毎月お知らせしている金利は団信込みの金利を報告しています
ちなみに団信不加入の場合は「-0.2%」となります

新3大疾病付機構団信

新3大疾病付機構団信とは簡単にいうと新機構団信のバージョンアップした商品です

保険内容

  • 死亡されたとき
  • 身体障害者福祉法に定める障害の級別が1級または2級に該当し、身体障害者手帳の交付を受けたとき
  • 3大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)が原因で、一定の要件に該当したとき
    (急性心筋梗塞、脳卒中を発病した場合は「所定の状態が60日以上継続」したと診断されたときだけでなく、
    「治療を直接の目的として所定の手術」を受けたときも保証される)
  • 公的介護保険制度の要介護2から要介護5までの状態または
    所定の要介護状態に該当したとき

新機構団信より3大疾病と介護が追加で保険の対象となっております

注意点としては

  1. 新機構団信は80歳まで保証されますが、三大疾病は75歳で終了となること
  2. 75歳を過ぎてもまだ返済が残っている場合は、新機構団信に切り替わってしまうこと
  3. 5000万円を超える借入の申込の場合は、事前に保険会社指定の健康診断書のご提出が必要となること

以上が挙げられます

保険料

  • 毎月の金利に上乗せ
  • 新機構団信付の金利に+0.24%上乗せ

こちらも新機構団信と同じように毎月の返済をしていれば、保険料を払っていることになります
新機構団信より保険内容が拡充しているため、新機構団信より金利(+0.24%)が高くなります

新機構団信「デュエット」(夫婦連生団信)

これはさらっと説明ししていきます
夫婦2人で新機構団信に入るという商品です

保険内容

  • 新機構団信と同じ

この商品はただ二人で新機構団信に入るという商品です
内容は最初の新機構団信と一緒です

注意点としては

  1. 夫婦で住宅ローンの契約をしなければならないこと
  2. 親子リレーでの申込ではデュエットは申込めないこと

以上が挙げられます

保険料

  • 毎月の金利に上乗せ
  • 新機構団信付の金利に+0.18%上乗せ

支払は一緒ですね
こちらも毎月返済していれば、別途支払う必要はないです
2人で入るので、その分、金利が高くなります

最後に

銀行の住宅ローンは団体信用生命保険に加入できることが融資の条件になっている商品が多いと思います
しかしフラットに関しては「任意」で選ぶことができます

保険の内容を理解し、ご家族と相談したうえで
加入、不加入を選ぶようにしましょう!

改めて申しますが、この保険は自分のためではなく
万が一のことが起きた場合の、残されたご家族のための保険となります

自分だけの意見で選択せず、相談した上で決定するようにしましょう!
それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました