【フラット35】マニュアル的な年齢、審査に適した年齢、現実的にベストな年齢はいくつ?

マメ情報

どうも【フラット35】受付担当の「B」です。

詳しくはプロフィールを参照。

  • 申込める年齢はいくつ?
  • 審査に適した年齢はいくつ?
  • 実際はいくつまでにローンを組んだほうがいいかなぁ?

こんなお悩みを解決できたらと思います。

ってなわけで、

今回のテーマはこちら。

今回テーマ

【フラット35】マニュアル的な年齢、審査に適した年齢、現実的にベストな年齢はいくつ?

本題に入る前に、
少し自信の宣伝をさせてください。

ツイッター

住宅ローンに関する情報を発信中!
記事更新をツイートにてお知らせ。
フォローすると最新記事を見ることが簡単。

この記事は「年齢」にフォーカスした内容となっております。

  • マニュアル的な年齢
  • 審査に適した年齢
  • 現実的にベストな年齢

上記の順で説明していきます
気になるところをご覧ください。

スポンサーリンク

機構さんのマニュアルでは

借入申込日の時点で70歳未満

融資を受ける日ではなく
申込書を記入をした日の時点で何歳か

この年齢が69歳までであれば申込めます。

フラット35は住宅金融支援機構(機構さん)の
マニュアルに沿って各受付金融機関がルールを作っています。

年齢に関してはどこの金融機関で申込んでも一緒のルールです。

親子リレーの場合

親子リレーの場合は70歳以上でもお申込可能。

この場合、親が主(メイン)のお申込人、
子が連帯債務者(サブ)のお申込人となる必要があります。

子が主(メイン)のお申込人になることはできないので要注意!

20歳未満の場合は

結論からいうと20歳未満でも受付は可能です。

しかし20歳未満(未婚)のかたは
「親の同意書」を必要とする場合があります。

そのほかにも、
制限行為能力者についても「権限がある代理人の同意書」が必要になるケースがあります。

審査には厳しい年齢という印象です。

審査するうえでは30~44歳がベスト

フラット35を申込むうえでは
69歳まで申込みを受付けています。

しかし

実際に審査に通るかは別問題です。

私が受付けてきた感覚ですと、
20歳台はまだ若年というイメージがあります。

勤続年数や転職する可能性を考慮され、
収入の安定性・継続性に心配があると判断されそうな年齢です

逆に45歳を過ぎていくと
申込める借入年数が35年から減っていきます。

何故かというと79歳の年で完済しなければならないからです。

45歳のときに申込むと、
最長34年しか設定できなくなります

借入年数が少なくなると、
おなじ借入金額でも毎月の返済は高くなります。

年収に占める返済額が大きくなるため、
審査は厳しくなるのです。

30歳台は仕事も安定し、
家庭を持っている方も多く、

しっかり35年のローンも組めるため審査が通りやすいというイメージがあります。

最近(2022年3月時点)フラットでは
単身者に対して厳しく審査する傾向にあります。

家庭をもっていることも
審査に通りやすい一つの要因となっております。

現実的には30~35歳がベスト

このブロックに関しては私の考えですが、

30歳~35歳までに住宅ローンをなるべく組むことが
理想的かと思っています。

理由は

  • 環境の変化が少ない
  • 65~70歳で完済できる
  • 審査に通りやすい

これらのことが挙げられます。

環境の変化とは転職や結婚などなど

ライフイベントが一段落している方が
多いイメージだからです。

まだ大きなライフイベントが落ち着いてないかたは

無理して住宅ローンを組む必要はないと考えます。

定年前に住宅ローンが完済できるのは理想ですよね

定年後は収入の減少も予想できますので、
なるべく現役のうちに終わらせたいですね。

定年後も住宅ローンが続きそうなかたは、
繰上返済で期間を短縮するということもできます。

繰上返済も考慮しながら貯蓄をしてみましょう。

一つ前のブロックでも説明しましたが、
審査に通りやすいホットゾーンだと思います。

きっとフラット35以外の他の金融機関でも同じじゃないかな?
っと思います。

なるべく30代で購入を検討したいところですね。

おわりに

フラット35の年齢に関してお伝えさせていただきました。

私がオススメした
審査に通りやすい年齢や
現実的にベストな年齢については

あくまでも参考程度

に考えていただければと思います。

20代でも審査に通るかたもいますし、
60代でも審査に通るかたもいます。

人それぞれの環境や人生設計があります。

無理やりこのベストな年齢に当てこむ必要はない

と思います。

家は焦って買うものではないです。

物件選びや将来のライフイベント等を身近な人と相談しながら、
慎重に計画してみてください。

ちなみに
どこの金融機関を使うか迷っているかたはこちらが便利です。

申込先に迷っているかたへ

複数の金融機関に一度で住宅ローンの審査申込が出来るサイト。

この記事が住宅購入の参考になれば嬉しいです。

それではまた!


コメント

タイトルとURLをコピーしました