【#19】R4.9.8(本審査受付)

どうもフラット35受付担当の「B」です

この記事では私が受付けている審査事例を紹介

(※個人が特定される情報は省略)

シンサ事例の主旨

  • 個人的な案件データ管理
  • 信頼性のアップ(現役の受付担当?に対して)
  • だれかの住宅購入の参考

気軽にお楽しみください

【注意点】

上記をご理解ください。

スポンサーリンク

受付日、更新日、進捗状況

【事前審査】

日付進捗状況コメント
R4..受付&承認

【本審査】

日付進捗状況コメント
R4.9.8受付
R4.9.13内定
R4.9.18物件変更
R4.9.22慎重審査
R4.10.3ヒアリング回答
R4.10.13不承認

【内定後】

日付進捗状況コメント

申込人

項目内容コメント
年齢43
職業会社員
業種情報通信
勤続約2年9ヵ月
前年年収700万
前々年年収600万
入居人数2人(子供)シングルマザー
借入住宅ローン持家は売却予定
購入動機狭いリモート仕事部屋ほしい

物件

項目内容内容変更後コメント
物件種類新築戸建新築戸建
築年数0年0年
物件価格4998万3980万
床面積100㎡100㎡
Sの有無ありあり
通勤時間
(購入物件~勤務先)
約60分約60分

資金計画

項目内容内容変更後コメント
返済方法元利均等返済元利均等返済
ボーナス併用なしなし
借入期間35年35年
審査金利1.52%1.52%
所要資金
(内諸費用)
5350万
(352万)
4240万
(260万)
フラット35(90%)4815万3816万
パッケージ(10%)0万0万
自己資金535万424万

その他メモ

どうして4815万で通って、3816万で落ちるんだ

物件変更後の慎重審査で否決なら、物件もしくは売主に問題があるはず

売主の裏どりを行う

最近、物件変更後の売主はフラットの決済をしていないとのこと

売主が原因であることが濃厚

もし落ちたとしても物件に対しての債権保全だろうと予測

降りてきた否決理由は「申込人の返済能力に懸念あり」

1回目に1000万高い金額で内定だして、よくその理由で否決にできますね

こちらとしてはお客様に説明がつかんですよ

物件を変えて再度、本審査やってみましょうと提案中

再審査をすることになったらまた記録します

コメント

タイトルとURLをコピーしました